渡邉 智哉

2016年新卒入社 SES事業部

中部大学を卒業後、新卒社員としてGEクリエイティブに入社。
現在はお客様先に社員3名で常駐し、チームリーダーとして活躍中。

モノつくりがやりたくて

動画編集をきっかけにパソコンに興味を持ち、情報系の大学に進んだこともあって、就職もITエンジニアに絞って活動していました。その過程でGEクリエイティブに出会いました。

会社案内でセグウェイを作っているというのを知って、面接に行ったら受付にPepper(※)がいたんです。それでここならモノづくりができそう!と思って選びました。 ※ソフトバンクが開発した人型ロボット。当時はPepperやセグウェイがオフィスに置いてありました。

入社後、最初に携わった大きなプロジェクトは、マンションのインターホン開発です。 高級マンション向け、海外の一戸建て向けの開発もしました。一段落したタイミングで、客先常駐プロジェクトの声が掛かりました。

自分でつくったドローンが飛んだ!!!

航空業界関連のプロジェクトなんですが、僕の地元に工場があって、そこでのプロジェクトだったんです。航空機の開発に携われたらおもしろいだろうなと思って、チャレンジしてみました。ただ…半年間はソフトの単体テストで、実際に動いているモノは見れなかったのが、ちょっと残念でしたね。

でもその後、ドローンの社内研究で機体を制御するソフトの開発を任せていただけることになったんです。自分で書いたコードを基盤に組み込んで動かしてみるというのを繰り返すのですが、これがなかなか飛ばなくて・・・。1年くらいかけていろいろ試して、ちゃんと飛んだときは、最高に嬉しかったです。

新しい技術にどんどん挑戦するエンジニアになりたい!

これからもモノを動かす、モノづくりにはこれからもずっと携わっていきたいです。そこでいうと、今の環境はすごくありがたいなと。たとえば以前、自社内での開発をやってみないかという話が出たことがあったんです。でも当時、ドローンの研究開発が途中で、そのプロジェクトをやりきりたいと思っていて・・・それを伝えたら、「わかった」といって続けさせてくれたんです。

どんなことでも、頭ごなしに「会社の指示だから」「それはダメ」ということはなく、ちゃんと意見を聞いて、できるだけ本人の希望に合わせようとしてくれる感じが、すごくいいなと。

実は今、新しいドローンの開発に携わっているんです。まだ研究の段階ではあるのですが、世の中の役に立つものをつくれそうで、ワクワクしています。こんなふうに新しい技術にどんどん挑戦して、吸収していけるエンジニアになれたらいいなと思っています。 開発を楽しみながら、自分のつくったものが少しでも世の中に役に立ったら、やっぱり嬉しいですよね。